熊本ダンススクールリアン|ダンス初心者限定だから未経験者も安心
HOME >  骨盤まわりのストレッチとダンス

骨盤まわりのストレッチとダンス

こんにちは。
熊本ダンススクールリアンの菅野です。

今日は骨盤とダンスについて。
骨盤や股間は本来子供の頃は、カエルのような姿で寝るのが気持ちいいように
柔らかいものなのです。

ですが大人になるにつれて、運動量が減り、デスクワークが増えるにつれて
可動域も少なくなり固まってきます。

 

骨盤の可動域を狭める原因の中には
骨盤のすぐ上の腰の緊張、太腿の緊張、お尻の緊張が大く関係します。

 

まずは毎日の日課で簡単なオススメのお尻の緊張のほぐし方↓
テニスボールで寝転がってゴロゴロする時にお尻に当てて刺激する事
これは簡単で結構気持ち良くてくせになります。

 

太腿の緊張のほぐし方↓
これは地道なストレッチしかありません。
特に太腿は昔運動していた人は硬くなってるはずでず。
お風呂に入って日課として揉みほぐしましょう。

 

腰の緊張のほぐし方↓
腰はお尻の緊張が少しとけた頃には骨盤が動くようになります。
尾てい骨を後ろに反らせる動きを寝ている時や立っている時に気がついた時にやってみて下さい。
そうすると腰回りも次第に動くようになります。

 

そして何よりも大切なのは睡眠をよく取ることなんです。
体の緊張は内臓の疲れからくる事が多いのです。

その為疲れてる内臓が腫れて背中に緊張が出るのです。

体を柔らかくするには、骨盤の可動域を先ほどの内容でほぐしながら
きちんと睡眠をとって、内臓を休ませる事が必要です。

そこに運動が加わればなお、良い姿勢で筋肉が付いて
良い状態をキープ出来るのです。

そんな運動に楽しい要素が加わればいいですよね!
ダンスでは、アイソレーションと言って、パーツを動かすレッスンがあります。
特にガールズK-POPでは腰を使った動きも多くてより効果的です!

そこでより固まった筋肉がほぐれて、先ほどの効果促進につながります。

体調を良くするためにも楽しいダンスはいかがですか?
体験レッスン随時お受付しております。

お問合せフォームからもお電話からもお申し込み頂けます。
080-4447-4870 担当:菅野

少人数なので定員になる前に☆

レッスンスケジュール

骨盤ダンス

ページトップへ